スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

伊良部投手のご冥福をお祈りします。

今日飛び込んできたショックなニュース・・・
'03年の優勝に大きく貢献した伊良部秀輝投手の訃報・・
言葉を失った。

阪神ファンにとっては伊良部に悪いイメージはない。
若手投手陣にもいい影響を与えて野球には真面目な印象がある。
当時は星野監督も伊良部の模範的な姿勢を絶賛していました。

阪神時代には剛速球は少し陰り気味でしたが、
内外、高低を緩急を使って自在に出し入れする大人の投球には「さすが!」と誰もが舌を巻きました。
球種は少ないものの、打者に打ち気がない時は平気でど真ん中に投げる大胆さも伊良部らしさを表していました。
江夏や工藤、野茂と同じように
これぞ THE投手という生き様の投手でした。

破天荒な言動もあったが、
おとなしい選手が多い昨今において、
伊良部らしさは痛快で自分的には大好きだった。
マスコミとは折り合いが悪く、日本のマスコミに対し、
群れるしか脳のない「イナゴ」と言った時は
よくぞ言った!と痛快そのものでした。


優勝した時に嬉しそうにビール掛けを仲間と楽しんでた姿が今も脳裏に浮かびます。
優勝祝賀会の二次会で「天才バカボン」を歌ったひょうきんな面も阪神ファンは知っています。


まだ42歳・・・
あまりにも早すぎる死・・
謹んでご冥福を祈ります。

剛速球投手 伊良部秀輝 永遠に。
関連記事
スポンサーサイト
 

コメント

寂しいですね~
人に言えない悩みが色々あったんでしょうね。
しかし自殺しなくても…
とは思うんですがねぇ。

同じ年代に生きた者としては残念でなりませんわ。
伊良部秀輝さんのご冥福をお祈り申し上げます。

合掌。
2011/07/29(金) 17:31:59| URL|勇皇 #- [編集]
 
>勇皇さん。

死を決する程までに悩んでいた事を考えると
やり切れない気持ちになります。
よく伊良部を悪者扱いして、
勝手に悪いイメージを作り挙げたマスコミ。
彼らにも責任の一端はあると思います。

今日は伊良部の弔い合戦。
阪神は絶対に負けてはいけない。
2011/07/29(金) 18:04:40| URL|花形モータース #- [編集]
 
長い長い暗黒時代を経て、’03年、阪神18年ぶりの優勝。
この優勝に、どれだけ私たちが喜び、救われたことか。
だから、私はあの時の功労者である監督・選手を「恩人」と
呼びます。
伊良部秀輝も、まさしく、その恩人の1人。
’03年の優勝は、彼抜きでは語れません。

そんな彼の突然の訃報です。
ショックだった。
’03年のことがバーッと思い出されて涙が出ましたわ。

ふてぶてしさやマスコミに媚びない態度から、厄介者の
イメージがありましたが、星野監督が仰ったとおり、マスコミが
そんな悪いイメージをばら撒いたのでしょう。
【群れるしか脳のない「イナゴ」】とは、まさに名言。
先ほど、ロッテファンのブログを拝見しましたが、低迷時の
チームにあって、エースとして孤軍奮闘していた伊良部氏の
急死を悼む書き込みが多くありました。
できれば、日本で指導者の道を歩んで欲しかったなぁ。
素晴らしい指導者になれたんじゃないかと思います。
そう考えると、本当に悔しいですね。

伊良部投手、安らかに。 
2011/07/29(金) 18:25:01| URL|macya #GKNcEW2I [編集]
 
>macyaさん。

ロッテファンは一番長く伊良部と時を共有しているから彼らの想いは格別なんですね。
選手、首脳陣、ファンと伊良部には悪い印象は誰一人も持っていない。
マスコミだけが面白がって報道する。
興味ない人は悪い人なんだと思い込むから恐いんです。
暴れたりした事実はあれど、
なぜそうなったか?のいきさつなどは一切触れず。
暴れたという部分だけを切り取って報道するやり方は本当に頭に来ます。
ちゃんとしたインタビューにはちゃんと真面目に答えていたのも見てる人は知ってます。
小生もまだ42歳で生涯を終えた「恩人」の訃報を聞いて涙が出ました。
それほどまでに悩んでいたのかと思うとやりきれなくて・・・
辛かったんだろうな・・・と・・

今日は本当に辛い一日です。
2011/07/29(金) 18:48:42| URL|花形モータース #- [編集]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://aikokai1986.blog85.fc2.com/tb.php/497-fb06eb11
アメリカ、ロサンゼルスの自宅で変死体となって発見された 伊良部秀輝さん。 未だ42歳ですよ。 早い! 早すぎる! 直球も早かったけど、 人生も早すぎる。 逝くにはまだまだ...
2011/07/29(金) 17:28:14|勇皇の人生とタイガース
  • Copyright:函館愛虎会
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。