スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

球界再編。

リーチ一発で(自滅)で中日の優勝が決まってしまった。

しかし、シーズン終了を待たずして、キナ臭いニュースが入ってきた・・

「横浜身売り!」加藤コミッショナーによると、最悪、買い手がないと1リーグ制もやむを得ずとの見方も・・

6年前は選手会側が勝ったとゆう構図で収まり、経営陣が悪役になって世論が後押しをした。

あまり知られてないが、当時の経済紙等では自分達の待遇(年俸)について全く譲歩しなかった選手会側の問題は棚上げになって再び問題は再燃するだろう。と書いてあったのを思い出した。

確かに冷静に考えれば、選手会は自分で自分の首を絞めているように思える。

一般社会で言えば業績が上がらないのに従業員(労組)が賃上げ交渉を勝ち取って経営を逼迫させ倒産するパターンと同等だ。

僕も弱小ながら経営者のはしくれにいるので球団経営陣の気持ちは分かる。

選手会が強気に出ていた理屈は現在の不況の社会情勢には通用しない。

夢を売る職業なのは分かるし、プロのステータスも分かる。

しかし、あまりにも浮世離れしてると、単なる「世間知らず」ではあるまいか?



関連記事
スポンサーサイト
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://aikokai1986.blog85.fc2.com/tb.php/327-b6d4f334
  • Copyright:函館愛虎会
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。