スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

弱気消極采配が招いたサヨナラ負け

今日はちょっとブログ仲間と同じテーマでそれぞれの視点で試合を振り返るという、
ちょっとしたプチ合同企画で参ります。


参加ブロガーは(あいうえお順で)

虎心不動

素人トラ番評論家≪寅之助≫~本日の辛口診断~

浜風に吹かれて・・・・

ラガー議長のこくまろ評定所

そしてワタクシ函館愛虎会で今日の試合を愚痴・・振り返ります。





まず、今日は阪神タイガースにとって悲しい1日となりました。


試合中に飛び込んできた訃報に我が耳を疑った・・・
今日はSNSで仲のいい虎友さんたちと実況しながら試合を見ていたんだが、
寅之助名人から訃報の知らせが・・・・


中村勝広ゼネラルマネージャーの急死。
遠征先の都内のホテルで急性心不全で亡くなられた(享年66)

志半ばであっただろう。
チームの優勝を見届けたかっただろう。
こんな形で生涯を終えるのはさぞかし不本意だったに違いない。


家族に看取られることもなくホテルの個室で人知れず息を引き取った・・・・
ご本人やご家族のことを思えばやりきれない思いがあります。


自分もネタや批判の矛先にしたが、
ファンの怒りや愚痴の矛先になることが多かったが一切言い訳せず自分の職務を全うした人。
人がいいからつい、口を滑らせてしまうのもファンサービスを思えばこそでした。

誰よりも阪神タイガースを愛し阪神タイガース一筋の人。
現役の阪神タイガースの要職で殉職したというのがこの人らしい(失礼)最後だったのかもしれない。
阪神タイガースのために命を賭してまで尽くされてくださったことに最大限の敬意を表したいです。

謹んで心よりご冥福申しあげます。

Baidu IME_2015-9-23_22-5-49








もうひとつの悲しい結末。

最後の望みをかけたこの日の巨人戦で痛恨のサヨナラ負けを喫した。


1-1のタイスコアで明暗を分けたのは7回。


打者は捕手の藤井・投手メッセから・・・
代打攻勢を仕掛けても良いのでは?と率直に思いました。

メッセの球数と尻上がりに好投してた姿に判断がかなり難しい状況でした。
結果論みたいで言いたくはないんですが、敢えてここにポイントを。

ビジターゲームで回も終盤・・
ましてや、もう一つも落とせない逼迫したチーム事情。
先に点を取って逃げ切りを図らなければなりません。

仕掛けないでアウト二つくれてやるということに疑問でした。

確かに好投のメッセと中継ぎ事情を考えれば難しいことはわかります。

しかし、
代打攻勢を仕掛けて7回裏から呉昇桓でという攻めの選択はなかったのか・・・
結果的に点は取れなくても悔いのない采配をしたのか・・・
百歩譲って藤井だけには代打でしたよ・・・
まずは先頭打者出してメッセにバント(これも無しですが・・)という選択はできなかったのか・・・

先週までならメッセ続投は当然の流れでしたが、
今日は日本シリーズで後がない様な状態ような試合でしたからね・・・

終盤に無条件でアウト二つくれてやったことが悔やまれます。



対照的にその裏から迷いなく代打攻勢を仕掛けてきた巨人。
代打の想の厚さの違いもあって亀井と高橋にアッサリとやれれてしまいました。

亀井がメッセのカーブを狙いすましてツーベースを打ったこと。
高橋が高め真っ直ぐをあっさり見逃してフォークを仕留めたこと。

おそらくベンチから指示があったと思います。
力のある真っ直ぐと緩急にやられて真っ直ぐを捨てて甘い変化球を狙えという意思統一が垣間見えた瞬間でした。

このようなチームでの狙い球の徹底が阪神にはありません。
だから相手のエース級に何度も何度も同じやられ方をしてしまうんです。
スコアラーのデータや配球の傾向を生かしきれてないというか、全く機能してない感じにさえ思います。

データは個々に緻密にとってあるそうですが、
チーム全体で生かさなきゃ意味がありません。
データをきっちり把握して選手に統一させるという意識が巨人に比べて格段に劣っていると言わざるを得ません・・・



最終回・・・・・・同点に追いついたんですが、
あそこも江越にバントではなく強行させて欲しかった・・・
同点ではなく一気に逆転しなければ延長でやられてしまいます。

1点ではなく2点を取りに行かなければ勝ちはありませんから・・


原監督が試合後の談話で延長なら駒が少ない阪神よりウチの方に分があると言ってました。
それだけにここで勝負に行かなけらばなりませんでした。

つまり1点じゃなく2点取れないのなら負けなわけです・・・・

畳み掛けなかったことも悔やまれます。


呉昇桓ですが、
登板間隔が開けばやられる傾向があったので嫌な予感はしてましたが、
クローザーでやられたらもう仕方がないでしょう・・・・


今日はそれでも収穫?はありました。

大和が3回にポレダから受けた死球に怒ってヘルメットを叩きつけました。

連日、戦犯扱いされてよほど悔しかったんでしょう・・・

でも、ファンはああいう姿勢が見たいんです。
凡打しても気持ちが伝わるものです。

大和がバッシングされて気分を害する大和ファンも多いでしょう。
しかし、これで終わっては欲しくない選手なんです。
チーム一の身体能力の持ち主。
期待してる分だけ落胆が大きいのは大和に賭けてるからなんです。

苦労したシーズンですが彼の今後に大いに期待してるのはファンの創意です。
今シーズンの悔しさをバネに大きな飛躍の糧にしてほしいと願ってやみません。





負けてゲーム差は絶望的になりましたが、

中村GMのために是非!最後の意地をみせて弔ってほしいものです。
ファンのためじゃなくてもいい。
優勝云々じゃなくてもいい。
弔い合戦で中村GMの餞にしてあげようではありませんか。

GMも最後まで戦ってます。




関連記事
スポンサーサイト
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://aikokai1986.blog85.fc2.com/tb.php/1471-af88800b
  • Copyright:函館愛虎会
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。