寅之助名人 第二部・・

引き続き後半ですばい・・・( ̄ー ̄)ニヤリ

良太




今成と熾烈な三塁争いが度々話題に出る。
今成もかなり成長した。持ち前のミート力の精度向上でヒットゾーンは確実に広がった。
守備もそこそこ器用にこなす。今成を出したほうが率は残すだろう。
だが果たして得点効率はどっちが上なのかということ。


良太と今成でもそうだが、打者の競争の評価では打率の比較重視になりがち。
よく打つ、よく守れる選手のほうが良く見える。打率と得点効率は別。
打率のいい選手を並べることによっていい打線になりいいチームになることは否定しないが、目的はいいチームを作ることではなく(讀賣に)勝てるチームを作ること。

新井良太④
記事と画像にはさほど関連性はありませぬ・・(花形)

このまま行けば、どちらにしても打順は7番が順当。7番に今成が入ってヒットを量産する。
チャンスは作るが果たしてどれだけ生還できるのか? 打順は下位に廻る。
8番藤井、9番投手だと点が入る気がしない。今成のヒットが無駄打ちになる可能性は高い。
梅野を8番に入れるならまだ分るが…。

タイガースの得点力不足は長打力不足だということ。それがハッキリしているのにまだ連打連打を夢見る。
打線は繋がるものだという常識を一度覆したほうがいい。
打線は繋がるときもたまにはあるが基本それほど繋がらない。
大打者でも7割失敗するとう率を考えればわかる。

得点効率を上げるために二塁打以上の長打の打てる選手を嵌め込まなければ、昨年同様ゼロ行進のスコアボードばかり見せられることになる。

投資の世界でも同じだが、大きな利益を取ろうと思えば大きなリスクを覚悟して大きなリターンを取りに行く。定期預金なら確実安定性は保証されているが、見返ってくるものはたかが知れている。優勝を狙うためには、ハイリスクだが大きなリターンをもたらしてくれる選手が必要だということ。

良太はハイリスクな選手だ。三振も併殺も多いし守備にも不安を残す。だが可能性として25本程度の本塁打や長打は期待できる選手でもある。讀賣の勝率は優に6割を超える。その戦力の上を行こうと思えば定期預金をコツコツしていても追いつけない。

新井良太⑤
重ね重ね記事と画像にはさほど関連性はありませぬ・・(花形)

打撃センス抜群の今成を通年使えば3割打つだろうし、チーム打率も多少上がってAクラスは間違いないかもしれないが、それでは讀賣の上へいけるだけのリターンは望めない。
良太なら最下位もあるだろうが可能性として優勝するための得点源になるかもしれない。

長打力の立証されている良太を優先して使うのが賢明な起用。調子が上がらず不振に喘いで2割そこそこになってからの見極め。今成へ替えるのはそれからでも遅くない。
順番は良太が先でなければおかしい。これはゴメスと新井貴の使い方も同じこと。

相手投手の左右によって使い分けるのが良いなどと言うと呆けた解説者もいる。
これとて塁に出ることで得点に繋がるという大きな錯覚。
塁に出ても得点にならないのがタイガースの弱点。良太は右でも左でも打っているし、左投手からも同じように三振する。

良太の守備を問題視するから使うなという意見も聞いた。
これも悪い面から判断されてしまう。
貴浩や良太は負のイメージから虚像を作られてしまう。
守備で負けていると錯覚してしまう。
新井貴や良太の守備で負けたゲームがどれほどあったか調べてみればいい。

守備はいいにこしたことはない。
守備率は8割台とかならやや問題もあるが、チーム敗戦の多くを背負い込むような下手でなければそんなに影響のあるものでもない。
それくらい腹を括って考えないと得点力向上は見込めない。
いくら守備が上手くても得点に加算されることはないんだから。

先のDeNA戦、オープン戦を初めてまともに見たが、良太の打席、選球だけに注目していた。
外の変化球はしっかり見極めていた。最後に山口のフォークに三振したが、ボールからボールになる変化球は一度も振っていない。いい傾向だと思う。

打率のいい打者を並べれば打線が繋がって得点力が上がるというのは大きな錯覚。
野球はそう簡単には点が取れないようにできている。
3割打てる小粒な打者より2割6分でも長打のある選手を置くほうが効率的に点が入る。
野球はそういうものだと思う。おそらく少数意見だと思うが…。

新聞報道で三塁は今成でいくとの記事もあったようだが、現実にそうなったら、最初から2位狙いをしにいくセコい監督という評価を下す。
私の中では…。左右で使い分けなどさらに愚策。
そんな起用しているから得点力不足が長く続くし中心選手が育たない。

代打陣のバランスも考慮しなければならない。
今成スタメンなら、新井兄弟、上本、関本に加え梅野もはいれば明らかに右偏重になってバランスが悪い。
緒方、坂は終盤まで残し守備、代走にも必要な選手。
登録人数が限られている中、森田や伊藤を入れるだけの余裕もない・・・さてどうする?

どうしても今成を使うなら、8番に梅野なり鶴岡なり多少なりとも打てる選手を使うとか、それほど評価が高いなら2番、3番あたりでクリンアップの前を打たさないと今成のヒットが生きない。
ただ率を残せるだけで7番先発なら打順を組むという意図が見えてこない。プロの監督としての意図が…。

2012年なのか、2013年なのか、どっちが本物の新井良太だったのか、それを見極めたい一心で、今季一番の期待を込めて書いた。

それでも私は新井良太に期待する。
見守っていきたいと思う。








良太と今成がハイレベルなポジション争いを繰り広げています。
自分はどっちかを外野に回してでも両者の打棒を活かしたいと思えるくらい二人共振れています。

FBで何の根拠も待たずに名人に挑んでた屁理屈野郎がおりましたが、
小生にいわせれば「笑止千万」
感情論で言ったって根拠も説得力も解説力も薄いんだからww


改めて思うのではありますが・・・
名人のこれだけの記事をみせつけられて、
トップバッターでよかったー(T▽T)って思わずにおられんかったですばいww

正悟元帥が体調著しくなく少し出遅れておりますが、
無理せずと言ってあるので少し様子見ですが、

明日は・・・・・・・?????

誰がどの選手を語るか・・
乞うご期待・・・( ̄ー ̄)ニヤリ

新井良太⑥

関連記事
スポンサーサイト
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://aikokai1986.blog85.fc2.com/tb.php/1223-44019b07
  • Copyright:函館愛虎会