FC2ブログ

花形FC

腰痛とコンフェデ疲れで更新が滞ってしまいますた・・・(→o←)ゞ


ちょっとサッカーの話題。

以前、何回か書いたけど小生はトラキチのサッカー部出身であります・・
開幕のブラジル戦から不規則に輪をかける不規則状態で・・(T▽T)
毎日2試合キッチリと観て興奮冷めずに朝の11時以降に寝るという・・
(小生は普段から普通の人と真逆の生活をしております)


ブラジル戦ではセレソンの背中は未だ捉えられんのかとテンションだだ下がりでおますたが、
昨日のイタリア戦。
日本がバルサのサッカーをしちょるΣ(゚д゚lll)
ポゼッション(要はボールを支配して攻める)しとるやんヽ(・∀・)ノ


今までは世界の強豪相手には引いて守備から攻撃に転るのがお約束。
昨日は常にポゼッションから相手を崩す姿勢が試合開始から見て取れた。
中2日のイタリアと中3日の日本の疲労の差はあるとはいえ、
足元のスキルは日本の方が断然上にみえた。
スペクタクルなフットボールはすぐに目の肥えたブラジルの観客のハートを鷲掴みにしますた。

試合内容は今更なので割愛するが、
正直言って「勝てた試合」だった・・
しかし、世界に残したインパクトは計り知れないモノがあった。
世界一の堅守を誇るイタリアから3得点は賞賛に値する。
イタリアが南アW以降3失点したのはEuro2012の対スペイン戦以来の恥辱でもあったからだ。


この試合・・いや普通は勝ったがチームの中からマンオブザマッチ(試合のMVP)が選ばれる。
たまに例外があるが昨日はその例外の試合であった。
昨日のマンオブザマッチは香川が選出された。

試合後の各国のメディアは勝者が日本であるかのように称えたのも。


日本が目指してきたパスサッカー。
これまでは「バックパス」や「横パス」が多いと揶揄されてきた。
しかし去年のロンドン五輪から相手を崩すパスが主となりつつある。


決定力や守りきるしたたかさ等、課題はもちろんある。
しかし、ドイツW杯の頃に比べたら・・・
いや、Jリーグが始まった頃・・いや、プロがなかった頃に比べたら・・
今の代表は世界と戦えるレベルに来ている。


小生がサッカーをやってた頃なんかW杯なんか世界のスター選手をTVで見るモノだった。
ドーハで思いっきり泣いてジョホールバルで歓喜の涙を流した日本は飛躍的に進化した。


W杯に出ても守りからチーム作りをする日本の姿は今はない。


スタメンに海外組が9人もいる。
前回大会も4人程度。
その前は2人程度だったと思う・・・


昨日の敗戦・・
香川のマンオブザマッチが全てを物語る。

Baidu IME_2013-6-21_9-56-44



日本のサッカーの道のり・・
小生の頃はクソだった・・・
今はどこでも通用するテクニシャンが国内にもたくさんいる。


こんな時代にサッカーがやれてればなぁ・・・
もっとおもしろかったのにな・・

あの頃はそれで面白かったが・・(^^ゞ(全国大会まであと2ですた・・)



関連記事
スポンサーサイト



 

コメント

カテナチオと言われるイタリアに3点もとるとは…。今の日本代表はなかなかやりますね。
花形さんもサッカー好きだったとは。僕も北海道にいた時はサッカー少年団のコーチをしていました^_^
僕も寝不足状態です(笑)

岡崎のヘッドが決まってたらなぁ。勝てたんとちゃうかなぁ。バーに嫌われるとは。流れも変わっていただろうに。それにしても日本代表にはいい経験になったと思います。来年のW杯では台風の目になって欲しいですね。

阪神もセリーグの台風の目になって欲しいなぁ~。
2013/06/21(金) 20:51:17| URL|こんすけ #- [編集]
 
こんすけさん、こんにちは♪

カテナチオ敗れたり!

・・・・・


でも・・


日本のDFも崩壊状態・・・(T▽T)

でも、リアクションサッカーよりは見てて100倍面白いしスリリングでおます。
前がかりに行けばDFのリスクはその分倍返しであるのがセオリー・・・
したたかなチームは上手なファールや時間稼ぎをするのでありますが、
残念ながら日本サッカーはマリーシア(ずる賢い)ができませぬ・・・(T▽T)

まぁ、試合後に醜い争いをするかの国みたくはなりたくありませんですが、
したたかさは身につけて欲しいモノであります。


サッカーって不思議。
ポストやバーに嫌われたら必ず負ける・・(T▽T)


守備的に行かずにアクションサッカーで世界に通用する日本であってほしいです。
イタリア戦はバルサみたいでスペクタクルですた。

コンサも頑張ってほしいッス(T▽T)
2013/06/22(土) 11:24:47| URL|花形モータース #- [編集]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://aikokai1986.blog85.fc2.com/tb.php/1075-b3c77ed7
  • Copyright:函館愛虎会