スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

鉄人軍団

秋季キャンプが始まりますた。


秋季練習から熱い指導で若手には刺激が多い実りの秋(安芸)・・




熱くなれ!&スパイス!


・・・・・


どうでしょう・・・( ̄▽ ̄;)


奇しくもW田前監督が掲げたスローガンですが、
偶然にも背番号6を引き継いだ鉄人が「熱くなれ!&スパイス!」を継承してる感じがしますね・・・


田面に返事!っていったように熱い指導。

走れ!走れ!
振れ!振れ!
といった熱い練習内容。

投手陣にもブルペンで自ら打席に立ち凄みを効かせた指導。


「熱くなれ!&スパイス!」


金本監督がW田監督の熱さ&スパイスを補って余りある指導をしています。



練習メニューにも改革を施していますね。



ウェイトの強制。


選手によってウェイトは合う、合わないがありますが、
最低限のウエイトは必要不可欠!
現代スポーツでは固い筋肉ではなく柔軟な筋肉をつけてパワーアップと怪我の予防にも役立っています。


ゴリゴリに固い筋肉をつければダメですが、
ウェイトトレも近年進化しています。
瞬発力やスピード、パワーはウェイトによって補われていますね。



阪神もメニューに組み込ませて義務化するのはとても良いことだと思います。


戦うための肉体改造。
今は当たり前の時代なんです。

Baidu IME_2015-11-4_0-18-30





ウェイトやってもバットに当たらなければ世話ねぇよ!
・・という声もありますが、

今まで打ち損じだった当たりも打球が強くなれば野手の間を抜けます。
平凡な外野フライも外野手の頭上を越える当たりになり得ます。


若手にスイングのメカニズムをトップの位置から打撃コーチと意思を同じくして指導してる背景に、
強く振れ!ということ。

つまりウェイトには強く振ってもブレない体躯を身につけねばなりません。





Baidu IME_2015-11-4_0-10-34





凡打に終わってもいいじゃないのぁ~(//∇//)

今までコツン、コツンと当てに行っても当たらなかったんだから、
せめて豪快な空振りの三振なら見てても気持ちがいいってもんですよね・・(//∇//)





開幕してみれば去年と遜色ないスタメンかも知れません。


しかし、
来年は2軍から上がってきた選手は積極的に使うと断言出来ます。

調子のいい若手は上がってきたら即、使うと思います。


1、2軍の風通しを良くと言ってるのはそういう意味が大きくあるとおもいます。




厳しい練習やウェイト導入。

オーバーワークで潰れる選手もいるかもしれません・・・
しかし、それこそがふるいにかけられているものと思います。

練習で潰れるようでは上ではやっていけません。


若トラ鉄人化計画。

これはサバイバルの幕開けであると思います・・・( ̄ー ̄)ニヤリ


Baidu IME_2015-11-4_0-6-23


でわ。
勉強するので、おやすみなさい・・・( ̄▽ ̄;)。




 
スポンサーサイト
  • Copyright:函館愛虎会
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。